エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 地域防災力向上 > トピックス > 【防災活動見学レポート】災害救助犬も登場!解体予定建物で実践的訓練! 港南防災ネットワークが「災害時救助訓練」を実施


ここから本文です。

【防災活動見学レポート】災害救助犬も登場!解体予定建物で実践的訓練! 港南防災ネットワークが「災害時救助訓練」を実施

更新日 平成27年3月23日

2月15日(日曜日)、東京防災隣組第二回認定団体の港南防災ネットワークが「災害時救助訓練」を行いました。

港南防災ネットワークは、港区港南1~5丁目の町会・自治会・管理組合と事業所で構成される防災協議会です。地区内残留地区という地域特性を踏まえ、さまざまな防災活動に取り組んでいます。

今回の訓練は解体予定建物を使用し、災害時にどのように救助し、消火を行うかを、実際に体験するものでした。

訓練前半は、救助用資機材や消火器、ガラス飛散防止フィルムなどの取扱い説明が行われました。ハンマーで実際に壁を叩いて、その威力を体験したほか、飛散防止フィルムを貼り付けたガラスを破壊して、その効果を確認するなど、体験型の訓練となりました。

ほかにも、非常用簡易トイレや非常食の体験なども行われました。

後半は、建物の旧居室を使用し、より実践的な訓練が行われました。

「火事だ!」と訓練参加者が大声で叫ぶと、他の参加者が消火器を持って駆け付けます。しかし、部屋は施錠されていて入室できません。そこで、隣の部屋のベランダから、隔壁ボード(ダミー)を実際に破壊して突入。室内では、本物の消火器を実際に噴射しました。

また、別の部屋では、要救助者を、救助犬の発見により特定したり、笛や声を頼りに探し出したりして、応急担架で安全な場所まで搬送する訓練も行われました。

煙が立ち込める中での救助・消火訓練は、実災害のような緊迫感がありました。参加者も「本当の災害のようだ」と、真剣な表情で訓練に臨んでいました。

当日は、消防署や消防団、警察署、近隣の防災協議会など様々な機関・団体が参加し、地域を挙げての訓練となりました。

災害はいつ起こるか分かりません。このような実践的な訓練は、救助や消火のノウハウを学べるだけでなく、災害の疑似体験をするという意味でも、大変意義があるものだと感じました。

飛散防止フィルムを実際にガラスに貼り付けて効果を確認
飛散防止フィルムを実際にガラスに貼り付けて効果を確認


煙が立ち込める中での救助・消火訓練
煙が立ち込める中での救助・消火訓練

応急担架で搬送訓練
応急担架で搬送訓練


「港南防災ネットワーク」の活動内容は「東京防災隣組2013」(P48)でも紹介しています。併せてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課防災事業推進係(防災隣組推進チーム)

03-5388-2549
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1001645



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.