エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 地域防災力向上 > トピックス > 【訓練見学レポート】水害対策!学園自治会自主防災会が「独自の浸水防止策具贈呈式典」を開催


ここから本文です。

【訓練見学レポート】水害対策!学園自治会自主防災会が「独自の浸水防止策具贈呈式典」を開催

更新日 平成26年10月20日

9月5日、武蔵村山市の学園自治会自主防災会が、「独自の浸水防止策具贈呈式典」を行いました。

この地域内にある商店街は、ゲリラ豪雨などによる浸水被害に度々見舞われています。
このため、学園自治会自主防災会は商店会と連携して、継続的に水防訓練を行ってきました。

今回は、更なる水害対策として、独自の浸水防止策具を作成。商店街の5店舗に贈呈しました。
この器具は、木の板に土嚢(どのう)が付いていて、商店の入口に設置するものです。土嚢を足でグッと板に押し付けることで、土嚢の隙間を埋めて、より浸水しにくくなるように工夫されています。また、古材を活用することで、低コストで作成しています。
贈呈式では、市長や市議会議員、市・警察・消防関係者も出席され、市長からは「みなさんで一致団結して、町を守ってほしい」とのお話がありました。
式典後は、商店街で実際に器具を設置しながら、使い方の説明がされました。

河川や山が近くになく、災害とは無縁のように見える町でも、土地の低さなどで浸水被害を受けやすい地域もあります。
地震災害だけでなく、大雨による水害も注目される今日。まずは自分の住む町を知ることから、はじめてみませんか。

写真:式典の様子1
浸水防止策具の使い方を説明

写真:式典の様子2
商店の入口にピッタリ

写真:大雨の様子
6月29日の大雨の様子(店舗前で撮影)

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課防災事業推進係(防災隣組推進チーム)

03-5388-2549
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1001415



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.