エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 東京都の取組 > 地震対策 > 津波防災の日(11月5日)について


ここから本文です。

津波防災の日(11月5日)について

平成23年の東日本大震災では、東北地方の太平洋沿岸を襲った津波によって多くの人命が失われました。これを受けて、津波から国民の生命を守ることを目的に「津波対策の推進に関する法律」が制定され、その中で毎年11月5日が「津波防災の日」と決められています。

なお、11月5日は、嘉永7年(1854年)11月5日の安政南海地震(M8.4)で和歌山県を津波が襲った際に、稲に火を付けて、暗闇の中で逃げ遅れていた人たちを高台に避難させて命を救った「稲むらの火」※の逸話にちなんだ日です。

※小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が「稲むらの火」の逸話をもとに「A Living God」を書きました。

津波防災の日についての詳細は、内閣府・防災情報のページをご覧ください。

津波防災の日(11月5日)(内閣府・防災情報のページ)(外部リンク)

また、東京都では、津波防災への取組として、毎年、島しょ町村と合同で総合防災訓練を実施しています。(平成26年度は、台風19号の影響により中止になりました。)

防災訓練(東京都防災ホームページ)(内部リンク)

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1001437



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.