エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 災害に関する情報 > 緊急ニュース > 降雪時の注意点について


ここから本文です。

降雪時の注意点について

更新日 平成30年2月2日

降雪時の注意点をまとめています。

大雪から身や生活を守るために

外出を控える

画像1

大雪の予報が出たら、外出しないで済むように食料の備蓄をし、停電に備えて電気がなくても暖をとれる準備もしておきましょう。
雪が降り始めたら、大雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、不要不急の外出を控えてください。外出する際は、最新の情報を確認し、時間に余裕をもって行動してください。

転ばないようにする

画像2

降雪時や降雪後は、道路が大変滑りやすくなるので、外出する場合は滑りにくい長靴などを履き、足元に十分注意しましょう。自転車や自動車には乗らないようにしましょう。

自動車を利用する場合

画像3

自動車の利用は控え、やむを得ず運転の必要がある場合には、チェーンを早めに装着し、スコップや長靴・毛布等を備え、普段の倍以上の車間距離をとり、急ブレーキや急ハンドルは厳禁です。

除雪・雪下ろしの注意点

画像4

除雪や雪下ろしは、命綱やヘルメット、滑りにくい靴を着用して必ず二人以上で行いましょう。晴れの日は屋根の雪が緩むので、落雪に注意しましょう。

水道管の凍結防止

水道管が直接外気に触れないよう、保温材を巻き付け、その上からヒモでしばって固定し、保温材が濡れないようにビニールテープ等で下からすきまなく重ねて巻きます。

  • 保温材は、市販されているもののほかに、毛布・発泡スチロール等ご家庭にあるものでも代用できます。
  • 万一凍ってしまった場合は、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルを被せ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあります。

今後の気象情報に注意し、雪が降りだした際には、不要不急の外出を控えるようお願いします。外出する際は、最新の情報を確認し、時間に余裕をもって行動してください。

最新の交通情報等

気象情報

道路交通情報

空の便の運航状況

羽田空港

調布飛行場(新中央航空)

船の便の運航状況

その他災害情報等

最新の情報は、東京都防災ツイッターでも発信していますので、ご覧ください。

都立学校における臨時休業・始業繰下げ等

気象情報や公共交通機関の運行状況等を勘案し、学校長が判断の上、臨時休業や始業繰下げ等が行われる場合がありますので、登校に当たっては各学校の指示等にご注意ください。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1005650



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.