エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 帰宅困難者対策 > 帰宅困難者対策ハンドブック・帰宅困難者対策条例の概要リーフレット > 8.計画の作成と訓練による検証


ここから本文です。

8.計画の作成と訓練による検証

「1.一斉帰宅の抑制」から「7.混乱収拾後の帰宅ルールの策定」のような準備や発災時の対応等について、計画としてとりまとめておきましょう。
また、地震を想定して自衛消防訓練等を定期的に実施する際に、併せて施設内待機に関する手順等についても確認し、必要な場合は計画等に反映させ、改善を行いましょう。

計画策定時のポイント

  • 他の企業等との連携、行政機関との連携、地域における帰宅困難者等対策の取組への参加等についても、可能な範囲において計画に明記しましょう。
  • テナントビルの場合や入居者が複数存在する複合ビルの場合、企業等はビルの施設管理者や他の入居者と連携し、建物ごとの個別の事情に応じて、あらかじめ役割分担を取り決めましょう。
  • 冊子等(電子媒体も含む)により、施設内待機に係る計画を従業員等に周知しましょう。

参考:一口メモ 「女性の視点を帰宅困難者対策に活かそう」

 男性と女性では気になるポイントも異なり、女性が必要とする配慮は男性からはなかなか気づきにくいものです。自分が実際にその立場になってみないとわからないことも多いため、計画を策定する段階から検討メンバーに女性を加えるなど、できるだけ女性の視点を取り入れる工夫をしましょう。

 たとえば、女性がスカートをはいたまま人前で横になって寝るのは、心情的になかなかできないものです。こんなときはその場にある机や椅子を使って男性と女性の居場所を分けるだけで、女性は安心して休むことができます。可能であれば、男女で滞在する部屋やフロアを分けるとなおよいでしょう。トイレが男女共同の場合は、フロアごとに男性用、女性用などと分けるのも一案です。また、小さなお子さんを連れたお母さんがいる場合には、授乳やおむつ替えなどの際に人目を避けられるスペースを設定することも有用な配慮です。

 受け入れる側のちょっとした配慮は、見知らぬ場所で不安な状況で過ごす滞在者のストレスをやわらげる効果があり、それだけでたいへん有難く感じられるものです。

 他にも、女性への配慮については、多種多様なものが考えられます。

 事前の計画検討に女性が参画できない場合でも、出来上がった計画を女性従業員にも見てもらうなど、帰宅困難者対策に女性目線を取り入れる工夫をされてはいかがでしょうか。

   (SOMPOリスケアマネジメント株式会社   主任コンサルタン卜

         /特定非営利活動法人事業継続推進機構認定事業継続准主任管理者 川村丹美)

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1000692



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.