エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 帰宅困難者対策 > 帰宅困難者対策ハンドブック・帰宅困難者対策条例リーフレット > 3.備蓄の10%ルール等、共助の推進


ここから本文です。

3.備蓄の10%ルール等、共助の推進

共助の観点から、来社中の顧客・取引先の方など施設利用者の保護や、10%程度余分に備蓄するといった取組も実施しましょう。

共助の推進についてのポイント

  • 外部の帰宅困難者(来社中の顧客・取引先や発災時に建物内にいなかった帰宅困難者など)のために、10%程度の量を余分に備蓄するようにしましょう。
  • 利用者の安全確保のため、発災直後の施設内待機や安全な場所への案内や誘導手順についてあらかじめ検討しておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1000680



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.