エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 帰宅困難者対策 > 東京都の取組 > 帰宅困難者に対する支援


ここから本文です。

帰宅困難者に対する支援

外出時に災害が発生し、徒歩での帰宅が困難な方に対して、地域ができる支援策が整備されつつあります。その一部をご紹介します。

災害時帰宅支援ステーションとは

災害時帰宅支援ステーションのステッカー

徒歩による帰宅者に対する支援の一環として、島しょを除く全都立学校及び東京武道館を災害時帰宅支援ステーションとして位置づけています。
災害時帰宅支援ステーションでは、水道水・トイレ・テレビ及びラジオからの災害情報の提供を行うこととしています。
上記以外にもコンビニエンスストアやガソリンスタンド、ファミリーレストラン等も同じ役割を担います。
また、東京都防災マップで災害時帰宅支援ステーションを検索することができます。

「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」締結企業一覧

No

協定の相手方

No

協定の相手方

1

株式会社スリーエフ

17

株式会社第一興商

2

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

18

株式会社ビーアンドブィ

3

山崎製パン株式会社

19

株式会社サガミチェーン

4

株式会社ファミリーマート

20

味の民芸フードサービス株式会社

5

ミニストップ株式会社

21

東京カラオケボックス事業者防犯協力会

6

株式会社ローソン

22

サトレストランシステムズ株式会社

7

株式会社吉野家

23

株式会社ダスキン

8

国分グローサーズチェーン株式会社

24

タリーズコーヒージャパン株式会社

9

株式会社ポプラ

25

株式会社ストロベリーコーンズ

10

山田食品産業株式会社

26

株式会社オートバックスセブン

11

株式会社セブン&アイフードシステムズ

27

東京都石油業協同組合

12

ロイヤルホールディングス株式会社

28

都立学校

13

株式会社モスフードサービス

29

日産自動車系販売店

14

株式会社壱番屋

30

トヨタ自動車系販売店

15

ワタミ株式会社

31

農業協同組合等

16

チムニー株式会社

32

その他

また、九都県市首脳会議においても災害時帰宅支援ステーションに関する取組を進めています。

代替輸送手段の確保

バス・船舶のイラスト

都では、鉄道が被害を受けた場合、鉄道事業者からの情報を集約し、都民に周知するとともに、バス・船舶による代替輸送手段を確保します。
また、鉄道事業者は、折り返し運転の実施状況や乗り継ぎ可能な路線等の情報を集め、ピストン輸送等、効率的な形態をとれるようにします。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1000282



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.