エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 防災の知識・情報 > 災害時の安否確認


ここから本文です。

災害時の安否確認

災害時の安否確認手段について

家族等との安否確認手段の確保

大規模災害発生時には、むやみに移動せず、安全を確認した上で、職場や外出先等に留まるようにしてください。 安心して職場等に留まれるよう、あらかじめ家族等と話し合って、複数の連絡手段の確保に努めましょう。

各通信事業者が提供する災害時の安否確認サービス

体験利用日

いざという時に、あわてずに災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板等の災害用安否確認ツールを使用できるよう、事前に体験してみることが重要です。

  • 毎月1日・15日
  • 防災週間(8月30日から9月5日)
  • 防災とボランティア週間〈1月15日から1月21日)
  • 正月三が日〈1月1日から1月3日)

操作方法説明リーフレット

九都県市では、外出先で発災した場合の安否確認手段等を解説しているリーフレットを作成し、配布しています。

各通信事業者の情報を横断的に検索

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)

普段からSNSを利用している方は、災害時には安否確認手段としても活用できます。  

「Twitterアラート」登録手続き

東京都防災アプリ

災害時モードの「安否連絡」により、家族や友人に安否情報や現在の位置情報などを連絡することができます。
事前に自分と家族の情報を登録しておけば、素早く安否連絡を取ることができます。
アプリのダウンロードはこちらから




Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.