エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 防災の知識・情報 > 日頃の備え > 消防団


ここから本文です。

消防団

消防団とは

消防団は、本業の傍ら、地域の安全と安心を守るために活動する人々を団員とする消防機関の1つであり、地域の消防力・防災力の向上において重要な役割を 担っています。現在、消防団員の数は全国的に減少しており、国をはじめとして団員の確保に取り組んでいるところです。ぜひあなたも消防団員として、自分た ちの地域の安全・安心のために活動してください。

消防団の歴史

a

消防団の歴史は古く、江戸時代に8代将軍徳川吉宗が、江戸南町奉行の大岡越前守に命じ、町火消「いろは四八組」を設置させたことが今日の消防団の前身であ るといわれています。その後、明治時代には、「消防組」、昭和の戦前は「警防団」として名称や組織形態を変えていき、戦後「消防組織法」の制定にともな い、現在の消防団が組織されました。

消防団の活動

a

消防団は、市町村の消防機関の1つとして、消防署と連携しながら、火災や震災などの災害時において消火や人命救助、応急救護などの活動を行っています。ま た、平常時においても地域住民に対する防火・防災意識の普及活動を行っています。現在、東京都には98の消防団があり、約24,000人の団員がそれぞれ の地域で活躍しています。なお、島しょの一部では、消防署を設置せずに、消防団のみが消防機関としての活動を行っています。

消防団員の身分

a

消防団員の身分は、非常勤(特別職)の地方公務員です。専門的に消防活動などに従事する消防士とは身分が異なり、普段はそれぞれ自分の職業を持っている地域住民の方が、消防団員として活躍しています。

消防団員の待遇

消防団員は、下記の待遇を受けることになります。
 •報酬などの支給:年間一定の金額が報酬として支給されるとともに、災害や訓練に出動した際手当てが支給されます。
 •公務災害補償:公務により被った損害を補償するために、公務災害補償制度が設けられています。
 •表彰制度:職務にあたって功労・功績があった場合は、消防庁長官、東京都知事などにより表彰されます。
 •退職報償金制度:一定期間勤務して退団した場合には、退職報償金が支払われます。
 

消防団員の優遇措置

一定の要件を満たす消防団員が資格を取得する場合、下記の資格試験で科目の一部が免除されます。

危険物取扱者(丙種)


 •要件:消防団員歴5年以上で、消防学校における普通教育または専科教育の警防科を修了した者
 •資格取得により行える作業等:ガソリン、灯油、軽油などの取扱作業
 

消防設備士(乙種第5類)


 •要件:消防団員歴5年以上で、消防学校における専科教育の機関科を修了した者
 •資格取得により行える作業等:金属製避難はしご、救助袋、緩降機の整備または点検
 

消防設備士(乙種第6類)


 •要件:消防団員歴5年以上で、消防学校における専科教育の機関科を修了した者
 •資格取得により行える作業等:消火器の整備または点検
 

入団の条件

入団の条件

a

基本的には、18歳以上の健康な方ならどなたでも入団できます。

学生の方の入団大歓迎です

a

18歳以上の健康な方なら入団できます。現在は少子高齢化の影響を受け、各消防団は若い団員の確保に苦慮しています。このような状況において、学生消防団員は、消防団の若返りと活性化を図るために、非常に重要な役割を担っています。

女性の方の入団も大歓迎です

女性消防団員は、通常の災害対応のほか、広報活動、一般家庭の防火指導、応急手当指導など、女性ならではのきめ細やかな視点を生かした活動を行っています。

現在女性消防団員の在籍する消防団

a

 •23区の消防団
 •八王子市消防団
 •武蔵野市消防団
 •青梅市消防団
 •昭島市消防団
 •町田市消防団
 •日野市消防団
 •国立市消防団
 •狛江市消防団
 •東大和市消防団
 •武蔵村山市消防団
 •多摩市消防団
 •稲城市消防団
 •羽村市消防団
 •西東京市消防団
 •大島町消防団
 •神津島村消防団
 •八丈町消防団
 •青ヶ島村消防団
 •小笠原村消防団

お問い合わせ先

23区内にお住まいの方

最寄りの消防署へお問い合わせください。

市町村にお住まいの方

各市町村へお問い合わせください。

事業所の皆さんへのお願い

東京都の消防団においては、事業所等に勤務している消防団員が数多くいます。このような「サラリーマン団員」は、自分の仕事を持ちながら、地域に貢献する ために頑張っています。消防団の活動にご理解をいただき、こうした方が積極的に消防団活動に参加できるようご協力をお願いいたします。

 関連情報


総務省消防庁(消防団)のホームページ (外部リンク)
東京消防庁のホームページ (外部リンク)
財団法人日本消防協会のホームページ (外部リンク)
消防防災博物館のホームページ (外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1001569



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.