エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 防災の知識・情報 > 日頃の備え > 災害時の医療救護体制


ここから本文です。

災害時の医療救護体制

首都直下地震等による東京の被害想定では、相当の人的被害が予想されています。東京都の各防災機関と密接な連携を図りながら、被害者の救護に万全を期するため、東京都は、東京DMATや都医療救護班を派遣するとともに、医療救護所などに供給する医薬品等を備蓄するなど、災害時の医療救護体制を整備しています。

フロー図:被災現場の負傷者は、東京DMATによって、「災害拠点病院」「災害拠点連携病院」「災害医療支援病院」「診療所等」や「緊急医療救護所」「医療救護所」に搬送されます。「緊急医療救護所」「医療救護所」に搬送された負傷者のうち重症者等は「災害拠点病院」等に搬送されますが、受入状況によっては、SCU(Stanging Care Unit:広域医療搬送拠点臨時医療施設)や被災が少ない都内の災害拠点病院、他県の医療機関へ搬送され、処置を受けることもあります。なお、災害拠点病院は主に重症者を、災害拠点連携病院は主に中等症者を受入れ、災害医療支援病院は、専門医療や慢性疾患への対応、その他医療救護活動を行う病院です。東京都の役割は、被災現場に東京DMATを派遣すること、「緊急医療救護所」「医療救護所」に医療救護班等を派遣し、医薬品や医療資器材を供給することです。同じく、区市町村も「緊急医療救護所」「医療救護所」に医療救護班等を派遣し、医薬品や医療資器材を供給する役割を担っています。

※1 災害拠点病院は主に重症者を、災害拠点連携病院は主に中等症者を受入れる。
  災害医療支援病院は、専門医療や慢性疾患への対応、その他医療救護活動を行う。
※2 SCU(Staging Care Unit):広域医療搬送拠点臨時医療施設
 

1.東京DMAT

イラスト:医師と男女の看護士

東京DMATは、東京消防庁と連携して、自然災害や大規模交通事故等の災害現場に出場し、一刻も早い救命処置を行うために、専門的なトレーニングを受けた災害医療派遣チームです。初動医療体制の充実・強化を図るため、都内25病院を東京DMAT指定病院に指定し、約1,000名の隊員を確保しています(平成29年4月時点)。1チームの編成は、医師1名、看護師等2名(必要に応じて事務員1名が加わる。)で構成されています。

2.医療救護所等におけるトリアージ

イラスト:トリアージ識別表

災害発生現場や医療救護所に運び込まれる傷病者等は、軽傷者も重傷者も混在している可能性が高いことから、医療救護所の入り口等で原則として医師がトリアージを行います。

トリアージ

トリアージとは、災害発生時などに多数の傷病者が発生した場合に、傷病の緊急度や重症度に応じて治療優先度を決めることです。

災害時の医療救護に当たっては、現存する限られた医療スタッフや医薬品等の医療機能を最大限に活用して、可能な限り多数の傷病者の治療にあたることが必要です。

3.負傷者等の搬送

イラスト:負傷者を担架で搬送する男性

トリアージ実施後、次のいずれかの手段により負傷者等を医療施設へ搬送します。

  • 東京消防庁による搬送(要請)
  • 医療救護班が使用した自動車による搬送
  • ヘリコプター・船舶等による搬送

トリアージ前の傷病者は災害現場から(1)病院近接地等の緊急医療救護所、災害医療支援病院、診療所、避難所医療救護所に搬送されトリアージ・応急処置・応急手当を受ける。軽症者は搬送先で収容される。(2)重傷者や中等症者は災害拠点病院や災害拠点連携病院へ搬送され、収容・治療を受ける。(3)重傷者は災害拠点病院へ搬送され、場合によっては被災地外の医療機関へ広域医療搬送される。

出典:災害時医療救護活動ガイドライン(東京都福祉保健局)

4.医療機関の役割分担

イラスト:病院

都は、被災地の限られた医療資源を有効に活用し、傷病者に対して確実に医療を提供できるように、全ての医療機関の役割分担を明確にしました。

東京都災害拠点病院

主に重症者の収容・治療を行う病院として、東京都災害拠点病院を指定しています。

東京都災害拠点連携病院

主に中等症者又は容態の安定した重症者の収容・治療を行う病院として、東京都災害拠点連携病院を指定しています。

東京都災害医療支援病院

主に専門医療、慢性疾患への対応、区市町村地域防災計画に定める医療救護活動を行う病院(災害拠点病院及び災害拠点連携病院を除く全ての病院)

診療所・歯科診療所・薬局

診療所、歯科診療所及び薬局は、区市町村が定める地域防災計画に基づいて医療救護活動を行います。ただし、救急告示医療機関、透析医療機関、産科及び有床診療所は、原則として診療を継続します。

医療救護所

通常の医療体制では対応できない場合、区市町村は、各地域防災計画等に基づいて医療救護所を設置します。
医療救護所は、主に災害拠点病院等の近接地等に設置される緊急医療救護所と、避難所に設置される避難所医療救護所に分類されます。

東京都内の医療機能情報と薬局機能情報

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1000344



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.