エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 防災の知識・情報 > 防災ニュース > 防災ニュース(平成30年度) > 平成30年7月豪雨への都の対応(第19報)岡山県倉敷市への職員派遣について<特別区職員及び都職員の派遣について>


ここから本文です。

平成30年7月豪雨への都の対応(第19報)岡山県倉敷市への職員派遣について<特別区職員及び都職員の派遣について>

更新日 平成30年7月20日

先日の平成30年7月豪雨により甚大な被害を受けた岡山県倉敷市における避難所運営業務、り災証明書の発行等の支援を行うため、下記のとおり職員を派遣することになりましたので、お知らせします。

派遣職員

53名(特別区職員 48名、東京都職員 5名)

※特別区の内訳は、次のとおり
千代田区2名、中央区2名、港区2名、新宿区3名、文京区1名、台東区2名、北区4名、荒川区2名、品川区2名、目黒区2名、大田区2名、世田谷区2名、渋谷区2名、中野区2名、杉並区2名、豊島区2名、板橋区2名、練馬区2名、墨田区2名、江東区2名、足立区2名、葛飾区2名、江戸川区2名

派遣先

岡山県倉敷市

派遣期間

平成30年7月21日から

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1005898



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.