エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 防災の知識・情報 > 防災ニュース > 防災ニュース(平成30年度) > 「第12回専門家と共に考える災害への備え 復興準備編」~首都直下地震、被災者の生活はどうなる?どうする!~の開催について


ここから本文です。

「第12回専門家と共に考える災害への備え 復興準備編」~首都直下地震、被災者の生活はどうなる?どうする!~の開催について

更新日 平成30年5月24日

このたび、災害復興まちづくり支援機構では、「復興まちづくりの支援に関する協定(*)」に基づき、東京都と連携して、首都直下地震に備えるための、専門士業団体による、復興支援とそのための事前対策に関するシンポジウムを開催します。
つきましては、参加者の募集を行いますので、お知らせします。

*復興まちづくりの支援に関する協定
東京都と災害復興まちづくり支援機構は、被災後の復興まちづくりを円滑に実施し、被災住民の生活の早期安定を図るため、専門家等で構成する復興まちづくり支援班の派遣、平常時からの情報交換や訓練実施などを内容とする協定を締結しています。

日時

平成30年7月10日(火曜日)14時00分~17時20分(開場13時30分)

会場

東京都庁第一本庁舎5階 大会議場

プログラム

【第一部】

基調講演:佐藤慶一 専修大学ネットワーク情報学部准教授

「首都直下型地震後の広域避難について」

リレー報告

避難生活が長期かつ広域にわたった場合に、主に災害時要配慮者の方々を中心に生じうる問題点を報告

【第二部】

パネルディスカッション:第一部で提起された問題について解決策を検討

定員

500名 ※参加費 無料 ※手話通訳あり

申込方法

6月29日(金曜日)までに、シンポジウム実行委員会事務局(東京司法書士会内)のファクス(03-3353-9239)により、参加申込書をご送付ください。

※下記WEBアドレスから申込書をダウンロードのうえ、申込みください。
https://www.tokyokai.jp/

主催

災害復興まちづくり支援機構、東京都(共催)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

災害復興まちづくり支援機構 第12回シンポジウム実行委員会事務局
(東京司法書士会内) 電話 03-3353-9191

総務局総合防災部防災管理課
 電話 03-5388-2587

ID 1005834



Copyright © TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT All rights Reserved.